健康・福祉

新型コロナウイルスに関する各種情報について

新型コロナウイルスに関する各種情報について

感染再拡大防止に向けた空知管内の皆様へのお願いについて

新型コロナウイルス感染症に関する感染拡大防止の取組の徹底について

医療のひっ迫と感染の拡大を防ぐ取り組みについて

新型コロナウイルスワクチン接種証明について

 令和3年12月20日より、マイナンバーカードで海外用・国内用新型コロナワクチンの接種証明書を(電子版)が取得できるようになりました。また、書面によるワクチン接種証明書についても、役場住民課健康推進係で申請いただけます。 日本国内については、引き続き、「接種済証」又は「接種記録書」のご利用が可能です。
 この接種済証は、ワクチンを接種したことを公的に証明する記録となりますので、接種の有無を確認される場面で利用ください。

ワクチン接種証明書の申請について

海外渡航に使用する場合やスマートフォンによる電子版の証明書を利用したい場合は、接種証明書の発行手続きが必要です。
接種証明書は、「電子版」と「紙版」の2種類があり、それぞれ手続きの方法が異なります。
これまでに発行された接種証明書は、引き続き有効ですので、再発行の必要はありません。


接種証明書の発行手続き(電子版)

接種証明書(電子版)の申請には、下記に示す手続きに必要なものをご準備いただき、「新型コロナワクチン接種証明書」アプリのダウンロードが必要となります。
アプリの取得や申請方法については下記をご覧下さい。

手続きに必要なもの

  • スマートフォン(OSが、iOS 13.x以降・AndroidOS8.x以降)
  • マイナンバーカードと暗証番号(券面事項入力補助用の4桁)
  • パスポート(海外渡航用として利用する場合)

自動交付できない方(例)

下記に該当する方は接種証明書(紙版)より申請してください。

  • マイナンバーカード、スマホを持たない人
  • 旧姓・別姓・別名の併記がある人(旧姓等は、旅券のOCR読み取りで対応できないため)
  • DV被害者等の要配慮者(自動交付により、加害者等に意図せず情報が渡るおそれがあるため)
  • 接種記録がVRSに未登録の人(参照する接種記録がないと発行できないため)
  • 旅券以外の渡航文書で請求する人(渡航向けの証明書が必要な人は、旅券のMRZの読み取りを行うため)
マイナンバーカードに関するお問い合わせ ・マイナンバーカードの暗証番号を忘れた場合
・暗証番号を間違えてロックがかかった場合

住民課 総合窓口係 ☎0164-33-2111(内線43)

接種証明書の発行手続き(紙版)

 日本国内でワクチン接種事実を示す書類としては、接種後にお渡ししている接種済証又は接種記録書が利用できます。紛失してしまった方や二次元コードが必要な方、海外渡航用などに必要な方は、申請手続きが必要となります。なお、申請手続きは、現住所に関わらず、接種を行った(接種済証を発行した)市町村に行います。

手続きに必要なもの

  • 身分証明書
  • 接種済証又は接種記録書
  • パスポート(海外渡航用として利用する場合)
お問い合わせ
住民課 健康推進係
☎ 0164-33-2111

新型コロナウイルスワクチン接種について

 新型コロナウイルスワクチン予防接種4回目に関しては、令和4年7月より順次開始しています。
 施設入所者・入院中の方、医療従事者・施設従事者等の方で、各医療機関で接種の予定があり、まだご案内が届いていない方は、住民課健康推進係にご連絡ください。
 なお、初回接種及び3回目接種がまだお済でない方で、接種をご希望の方は住民課健康推進係までお問合せください。

新型コロナワクチン 接種状況について

 町では、接種計画に基づいて、新型コロナウイルスのワクチン接種を進めています。
 町民の新型コロナワクチン接種率については下記のとおりです。

5月1日現在の接種状況について。18歳以上の方は、1回目91.66%、2回目99.73%。12歳から17歳の方は、1回目87.5%、2回目100%。5歳から11歳の方は、1回目26.23%、2回目93.75%、3回目未対象。全体では、1回目87.97%、2回目99.65%、3回目89.11%。

※令和4年5月1日現在の人口を基に算出しています。

「新北海道スタイル」安心宣言

秩父別町役場では、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、「7つの習慣化」に取り組みます。
来庁される皆様にも、感染拡大防止のための取組にご協力をお願いいたします。

このページの先頭へ

  • めーめーらんど
  • 秩父別振興公社
  • 秩父別町地域おこし協力隊
  • 国土利用計画法の届出について
  • 宝くじ公式サイト