観光・あそび

秩父別町交流体験農園「なつみの里」

令和5年度なつみの里「滞在型」市民農園の利用者の募集を開始しました!

お申込み方法につきましては、下記「4.申し込み~決定の流れ」をご覧ください。

1.市民農園概要

秩父別町交流体験農園「なつみの里」の画像

 秩父別町では、都市と農村の交流を拡大するため、秩父別町交流体験農園「なつみの里」を整備致しました。
 「滞在型」や「日帰り型」の市民農園で野菜づくりや花づくりを楽しみ、自然や人とのふれあいを深める施設です。

なつみの里の名称

 この名称は、野菜を栽培し、それを摘み取るという「菜摘」(なつみ)と「仲良く」「集う」「みんなの里」であるようにという思いを込めて、頭文字をとって「なつみの里」としました。

2.滞在型市民農園

施設概要

Aタイプは、簡易宿泊施設1棟と畑100㎡の貸付で、使用料が年間23万円。Bタイプは、簡易宿泊施設1棟と畑200㎡の貸付で、使用料が年間25万円。

区画貸付期間

 毎年4月1日から翌年の3月31日まで

宿泊施設滞在可能期間

 毎年4月1日から同年の12月15日まで

簡易宿泊施設

 面積38.8㎡、薪ストーブ、ホームサウナ、シャワー室を備えています。テレビ、ガスコンロ等の家財道具については各自の持込となります。
※冬期間は滞在することは出来ません。また、滞在期間の除雪は個人対応とさせていただきます。
※光熱水費(水道、電気、燃料)は実費を負担となります。

3.日帰り型市民農園

施設概要

一般用は、畑50㎡の貸付で、使用料が年間1万円。身障者用は植樹桝1台の貸付で、使用料が年間5千円。

使用期間

 毎年5月1日から11月30日まで

4.申し込み~決定の流れ

令和5年度の募集スケジュール

募集区画数 1区画(B-3)
募集期間 令和4年10月1日から令和4年10月31日
※申込書10月31日必着
書類審査 令和4年11月1日から令和4年11月15日
※聞き取り調査がある場合は、この期間にご連絡します
決定通知 令和4年11月16日(郵送通知)

※日帰型は随時募集しています

申し込みの資格要件

  • 自ら貸付農園を使用し、良好な肥培管理できる方
  • 5月から10月の間、月に3回以上通園できる方
  • 申込書に添付する誓約書に同意できる方

また、お申し込みの前に下記「『なつみの里』の利用について」もご確認ください。

申し込み方法

 申込書に誓約書及びアンケート、納税証明書(市区町村発行)を添付のうえ提出願います。
なお、滞在型については、応募者多数の場合は抽選を実施いたしますので、抽選への参加書類もあわせてご提出下さい。

申し込み先

〒078-2102
 北海道雨竜郡秩父別町2条1丁目 株式会社秩父別振興公社宛

※資料は「郵送」で提出してください。

問い合わせ先

〒078-2102
 北海道雨竜郡秩父別町2条1丁目 株式会社秩父別振興公社(秩父別町温泉ちっぷ・ゆう&ゆ内)
電話:0164-33-2116 (火曜日から金曜日、10時から17時まで)
FAX:0164-33-2119
Mail:youandu@chipsk.jp

※担当者不在の場合は、お時間をいただくことがあります。

利用者決定の通知

利用者については、書類審査及び面談等で決定し、通知いたします。
(応募者多数の場合は上記審査後において抽選)

5.その他

 「なつみの里」では、地域住民やボランティア団体「田舎の親戚」等の主催による行事交流イベントを年数回開催しますので、ご参加願います。
 「田舎の親戚」は、農家の方々が中心のボランティア団体で、農作物の栽培や秩父別での生活に関するアドバイスを行ってくれます。

6.諸注意

 ※「なつみの里」では、営利を目的とした農作物の栽培はできません。
 ※「なつみの里」で発生した事故について、秩父別町は一切の責任を負いません。

交流会の写真1

交流会

稲刈りの写真

稲刈り

交流会の写真2

交流会

講習会の写真

講習会

7.所在地

北海道雨竜郡秩父別町南山

お問い合わせ・お申込み先
株式会社秩父別振興公社(秩父別温泉ちっぷ・ゆう&ゆ)
TEL:0164-33-2116

秩父別町役場企画課企画・まちづくり係
TEL:0164-33-2111(内線72・73)

このページの先頭へ

  • めーめーらんど
  • 秩父別振興公社
  • 秩父別町地域おこし協力隊
  • 国土利用計画法の届出について
  • 宝くじ公式サイト